FC2ブログ

英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング MECHANIC BLOG

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。タートルガレージでの出来事を発信します。

日常作業 ケージ編

こんばんは、gooです。

日常作業のケージ組

IMG_0014.jpg
専用工具使ってメインアーチとフロントの取付面はテンションかけてピッタリ角へ

IMG_0020.jpg 
フロントアーチ部も同じくテンション掛けて取り付け

ケージは組み方で違いが出ますね~


日常作業でした

ではでは。










テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

イナーシャスイッチ

こんばんは、gooです。

インジェクション車でよくある強い衝撃を受けてエンジンが止まる・・・

縁石や路面の段差でなりますよね~

IMG_4503.jpg

原因は安全スイッチであるイナーシャスイッチが作動してしまうからです。

このスイッチは事故等の衝撃時に燃料ラインが破損した場合に燃料ポンプを止めて

噴出を最小限にする安全回路です。

もし作動したら燃料ラインに異常が無いことを確認後、上から押せば復帰します。


ただサーキット走行時にはゼブラゾーン(縁石)に乗った際に衝撃を受けて

イナーシャスイッチが作動してのエンジン停止は

他の車両と接触する原因になったりと危ないので

IMG_4505.jpg

カプラー手前でバイパス配線加工しておりましたがちょっとスマートじゃないので今はこのようなカプラで

IMG_4502.jpg IMG_4506.jpg IMG_4507.jpg

サーキット走行時のみに接続してバイパスしております。(2個並べてますが使用するのは1個です)

配線は目立つようにオレンジ色、イナーシャスイッチにネックレスのようにかけて使用します。

価格1500円(税別)

ウェブショップにまだラインナップしておりませんのでお問い合わせは所沢店までお願いします~


ではでは。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

オイルキャッチタンク取り付け

こんばんは、gooです。


ここ最近、暖かいと思ったらまた寒く戻ったりと気温が安定しないですね~

さてさて、サーキット走行で必要&推奨パーツと言えば消火器やオイルキャッチタンク等ありますよね

今回はキャッチタンク取り付け

エンジン破損時にオイルをコース上に撒き散らさないため取り付けます。

あまりエンジンが壊れることを想定したくありませんがね~(笑

取り付けるパーツはこちらで

IMG_1123.jpg

キャッチタンクとタンク固定ブラケットとブランクプレート

インジェクション車に取り付け例ですが、インジェクション車クーラー付きの場合はエンジンルームに

スペースは無いので必然的にフェンダー内になりますね~

右側のフェンダー内に取り付けます。

IMG_1119.jpg

ヒーターと繋がっている外気導入のダクトを外して(ヒーターの外気導入使えなくなります)

IMG_1121.jpg IMG_1124.jpg IMG_1125.jpg

空いた穴をブランクプレート(フタ)で塞ぎます。
(まだウェブショップにラインナップされておりませんのでご希望の方は所沢店までお願いします)


オイルキャッチタンクのベースとなるブラケット

IMG_1126.jpg

こちらの商品もWebにラインナップしておりませんのでご希望の方は所沢店までお願いします~



IMG_1127.jpg 

97以降はボディ側にスタットが出ていますのでこちらを片側利用


IMG_1129.jpg 

もう片側は現車合わせで取り付けます。

指で指してる辺りにブラインドナットを打って止めます。

ちょうどパネルが袋になっている部分に掛かるのでブラインドナット推奨(タッピングでも良いかも)

IMG_1130.jpg

固定するとこのような感じに

このブラケットは左、右フェンダー内どちらでも取り付け出来ます。

IMG_1133.jpg

そしてブローバイホースの通り道をこの辺に2本分の穴を開けます


IMG_1134.jpg

インマニ部分のL字ホースをはずして割り込みます。

このホースは左右のブローバイが集合してインマニにブローバイガスが吸い込まれるホースになります。

IMG_1139.jpg IMG_1137.jpg

ホース配管して完了です

レベルゲージ(レベルホース)もフェンダー内を覗くと見えますよ~


ではでは。


テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク