FC2ブログ

英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング MECHANIC BLOG

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。タートルガレージでの出来事を発信します。

初回点検

こんばんは、gooです。


今年も残すところあと一ヶ月、早いですね~一年ってあっと言う間に感じてしまう・・・

さて以前ブログでご紹介しました浜松のミスターM様只今初回点検でお預かり中です。

001_20101130153003_20101203165550.jpg

遠いところご来店誠にありがとうございます!

003_20101130153001_20101203165548.jpg 002_20101130153002_20101203165550.jpg

今年の5月に納車して早半年、約2000キロほど走行されております。

オイル漏れ、水漏れもなくエンジンルーム内は納車時と変わりなく大変綺麗な状態です。

調子良く走ってるようでエンジン・ミッション組んだ私としては大変うれしい・・・



一通り点検後シャシダイでセッティング確認いたします、もう暫くお待ち下さい。



<番外>

毎週水曜日は業務終了後、各自車両のメンテナンスの日。

本日はHIRAGAI動画編集部長はミッションケースの洗浄中です。

016_20101201213430.jpg

着々と進めてますね~。


私はちょっとカゼ引きそうなので(喉がかすれて声がでない)帰宅します・・・


皆さん体調管理に気を付けましょう。。。


テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

シャシダイ+実走!

こんばんは、gooです。



本日はシャシダイにてセッティング!

031_20100512234132.jpg


ミスターM様のミニ、エンジンも搭載しインテリア、エクステリアほぼ完成です!

まだエンジンも組んだばかりですので回転リミット低めでセッティング。


空燃比の乱れも無く馬力、エンジン特性も狙い通りでバッチリです!

エアクリーナ有り、無しでセッティングも両方取ってありますので

「ここぞ!」って時はエアクリ外しても指定のジェットセットに替えればOKです。


今日は天気が良かったので高速道路での実走チェック!

025.jpg

各回転からの加速、パーシャル域、各回転の空燃比を細かくチェックしております。

水温、油温、油圧はもちろん全て安定してます。



サービスエリアにてエンジンルーム内点検!

026_20100512234131.jpg

問題なしですね。


ほぼ完成型のエンジンルームです。

元はフロントコンデンサーの旧ガス・エアコンでしたがメンテナンス性の良い

新ガス・サイドコンデンサーエアコンを移植してます。

エンジンルームハーネス、エアコンハーネスも綺麗なラインを通るよう作り直しております。



カッコ良くてスッキリで機能的なエンジンルームになるよう心がけております!





テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

センターメーター・5連パネル!

こんばんは、gooです。


本日はセンターメーター5連パネル!

今回もミスターM様の作業行程の紹介です。

002_20100508151234.jpg

追加メーターはクラシック・スミスで統一

水温、油温、油圧そしてボルトメーター。



003_20100508151234.jpg

TTRオリジナルの5連パネル、センターメーターにパネルをボルト止めして取り付けます。



026_20100508151235.jpg

センターメーター用ハーネスキットを使用ますがスッキリと配線したいので

一度配線をバラして長さを合わせます。



027_20100508151235.jpg

不要な配線はトラブルの元、長さ合わせてカット!

新規ハーネス製作と代わらない作業になっているような・・・



029_20100501010156.jpg

完成です、1カプラーでカチッと脱着OK!

センターメーター内の配線はメーターカウルを付けると点検しにくいので接触不良等トラブルが出ないよう
しっかりと配線しております。



012_20100509131538.jpg

5連パネルの他に4連パネル、52ミリのメーター2個と80ミリのメーター1個追加出来るパネルもあり!


シンプルに追加メーターをセットしたい方にオススメです。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

エンジン完成!

こんばんは、gooです。


ミスターM様の組み立て続きです。

ミッションとブロック合体しました!

008_20100424233527.jpg


MEDのダンパープーリーがカッコイイです。

009_20100424233527.jpg



さて、ベアリングは全交換ですのでクラッチケース側、圧入されているベアリングも交換です。

158.jpg 161.jpg

ここはSST(特殊工具)にてベアリングを引き抜き交換致します。



049_20100424234912.jpg 048.jpg 051_20100426151558.jpg

クラッチ一式交換、フライホイールも軽量バランス加工致しました。

フライホイール軽量加工はやり過ぎると街乗りでは乗りずらくなりますので注意が必要です。

各パーツの組み合わせ(バランス)が大切ですね。

053_20100424234912.jpg

ここまで組上がりました。


そしてヘッドへ移ります。

015_20100430213630.jpg 016_20100430213630.jpg

何回か紹介しておりますがこちらのヘッド
ノーマルヘッドをイギリスMEDに送ってチューニングヘッド化したものです。


ヘッドはもちろんMEDで研磨済みでしたが狙いの圧縮比に調整するため再度研磨いたしました。

キレイに仕上がっております。


では早速、燃焼室容積の測定です。

019_20100430213630.jpg

元の容積がが24ccで○○ccへ・・・

○○ミリ面研磨して狙い通りの容積にバッチリです。



022_20100430213629.jpg 026_20100430213629.jpg

洗浄と仕上がり点検の為、バラします。

もちろんTTRグリーンへお色直し!

039_20100424234501.jpg


ポート内部もキレイに加工されております。

030_20100424234501.jpg 033_20100424234501.jpg


シート当たり幅を点検。

036_20100424234501.jpg

チューニングヘッドらしくシート幅狭めで良い感じです!

040_20100424234500.jpg 041_20100424234500.jpg

IN・EXともステムシールを組み込み元に戻してヘッドは完成!



042_20100430214118.jpg

ヘッドガスケットはTTRメタルガスケット!

001_20100430214724.jpg 017_20100430214723.jpg 

チューニングエンジンなのでスタットボルトはもちろんARP製を使用!

純正のスタットボルトとは全く別物でトルクの掛かり方が違います、「カッチリ」とトルクが掛かります。


036_20100430214723.jpg 034_20100430214723.jpg 037_20100430214723.jpg

キレイにエンジン完成! このまま展示しておきたいくらいです(笑

完成後しばらく鑑賞しておりました。。。




テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

ミスターM様 ミッション編!

こんばんは、gooです。


ミスターM様、ミッション組み込み編でございます。

115_20100424232448.jpg 116.jpg

10万キロ走ったトランスミッション、一晩ケースをひっくり返してオイルを切った状態です。

ケース底にはスラッジ等無く、ケース・ギアにオイル焼けも無く非常にキレイです!

オイル交換等のメンテナンス状況の良さが現れてますね。


では点検しつつ一気に分解、外せる物は全て外して洗浄します。

118.jpg 122.jpg 

 
ギアはMED クラブマン クロスギア!

一速とリバースギアは元の純正ギアを使いますのでコストが下がります。(ギア比は2.58/1.71/1.25/1.0)

123.jpg


こちらのピポットピンもオイル漏れする箇所ですのでオーバーホールする際は必ずシールを交換します。

132.jpg


セレクターシャフトはスムーズに動くよう面取り・バリ取りいたします。

134_20100424232823.jpg


ベアリング類は全て交換!各クリアランスをしっかり調整して組み込みです。

143_20100424232823.jpg


ハイパワー化に伴いデファレンシャルはMEDのクロスピンデフ!

ファイナルギアもMEDのストレートカットへ!

144.jpg 150.jpg 151_20100424232822.jpg
 

純正はピニオンギアが2個ですが倍の4個へ増やして強化致します。

「街乗りだからLSDを入れるほどじゃないし・・・」

と言う方はクロスピンデフがオススメです!



デフケースに圧入されている「メタルスティックブッシュ」

シフトボックスとトランスミッションを連結しているロッドのブッシュです。

こちらのブッシュが抜けている(ゴムが無くなっている)とシフトフィールがカッチリしないんです。

エンジンが車体に載った状態ですと交換が困難ですのでオーバーホールの際はこちらも必ず交換します。

152.jpg


163.jpg

問題なく組み込み完了です!


次はクラッチ、ブロックとの組み付けです。






テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

MEDエンジン・組み立て!

こんばんは、gooです。


ミスターM様のMEDエンジン組み立ての続きでございます。

028_20100417125439.jpg 024.jpg

リフターもMED製

カムシャフトは街乗りからサーキットまでオールマイティなカム、パイパー285をチョイス!

※エンジン仕様(排気量、圧縮比等)で変わります!カムだけを交換してもオールマイティになりませんのであしからず・・・


組み込む前に軽くラッピングします。

032_20100417125439.jpg 026_20100417125439.jpg 074_20100417152100.jpg


ラッピング前と後、分かりやすくするためカム一山とリフター4個ラッピングしました。

バリ取りと初期馴染みを良くするためです。(そのまま組んでも問題ありませんが・・・)


ちなみにセンタークランクキャップはMED4ボルトクランクキャップにて剛性アップ。

高回転、高負荷時のクランクをガッチリ受け止めます!

(こちらの商品はラインボーリング、エンジン加工が必要です。)



オイルポンプは容量の大きいハイキャパポンプ!

内部点検とバリ取りで分解します。(こちらも何もしないで組んでも品質的に問題はでません・・・)

076_20100417152100.jpg



次は、タイミングチェーンの取り付け。

基本通りにスプロケットのラインをシム調整してバルブタイミングの調整、推奨値に合わせます。

092_20100417152700.jpg 093.jpg 098.jpg




クランクプーリーもMEDダンパー付きへ交換!

ダンパーにてクランクのねじれ振動を吸収いたします。

109.jpg 010_20100417153338.jpg

純正ダンパー付きクランクプーリーは消耗品です。

古くなってくるとダンパーゴムに亀裂が入ってプーリーがズレることがあります。

プーリーがズレるということはタイミングマークもズレて・・・

ズレたタイミングマークで点火時期を合わせると・・・  気を付けてくださいね!





ブロック内部、ウォーターライン、オイルライン、キッチリ洗浄してあります。

065_20100417152700.jpg



下からのカット!

166.jpg

ブロックはひとまず完成でトランスミッションと場所を交代です!


次はミッション編へ。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

MEDエンジン・測定編!

こんばんは、gooです。


以前ブログで紹介しました、イギリスMEDにて加工されたミスターM様のエンジン!

043_20100414213538.jpg



本日、ミスターM様ご来店いただきエンジン・ボディともに進行状況を確認していただきました。

遠いところご来店ありがとうございます!


エンジンの方はほとんど組上がっておりましたので中身が見えませんでした・・・

そこで!エンジン組み付け行程を紹介いたします!


まずは圧縮比を確認するためにヘッドの燃焼室容積を測定。

002_20100414203603.jpg 005_20100414203603.jpg

そしてブロックも仮組みしてブロック容積の測定。

008_20100414203603.jpg 009_20100414203602.jpg


圧縮比を計算して・・・

そのまま組んでも問題ない圧縮比ですが、ちょいとパンチを出すためにヘッドの方は面研いたします!

(キツキツな圧縮比目標ではないので耐久性、パワーともにバッチリです!)



次も測定です。

仮組からバラしまして、ピストン・クリアランスが指定通り加工されているかボアゲージにて確認と

ピストンリング・ギャップ(トップ、セカンド、オイルリング)の測定。

017_20100414203602.jpg 019_20100414203601.jpg

4シリンダーすべてOK! キッチリ加工されております。



037.jpg

お色直し致しました。

TTRオリジナルのグリーン!、暗すぎず、明るすぎずエンジンルームに入るととっても良い色なんです。



ここでクランクシャフトとコンロッドの紹介!

047_20100414204421.jpg

曲がり修正、軽量加工、バランス加工、クランク研磨、オイルライン・クロス加工そして

タフト処理(耐摩耗性、耐疲労性、耐食性の向上)がされていますので表面が黒いです。

ノーマル・クランクが高回転、高負荷に耐えられる強靱なクランクへと生まれ変わっております。

041_20100414204056.jpg

コンロッドも軽量加工、バランス加工、ショット加工されておりノーマルと比較すると

無駄な肉がそぎ落とされております。



そして次も測定です。

クランクメタル、コンロッドメタルのオイルクリアランス測定。

058_20100414204420.jpg

オイルクリアランスの確認ですので青色の「そーめん」のようなプラスチックゲージにて測定します。

こちらをそーっと挟み込み、規定トルクでキャップを締めます。


そして「そーめん」(ゲージ)の潰れた幅でオイルクリアランスが確認できる優れもの!

061_20100414233507.jpg 064_20100414204420.jpg 070_20100414204420.jpg

全メタルクリアランス、バッチリ既定値でそろっております。


ブロックの測定が一通り終わり、またバラしてキッチリ洗浄して本組に入ります。


良いエンジンになりそうです!




テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク