FC2ブログ

英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング MECHANIC BLOG

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。タートルガレージでの出来事を発信します。

オイルクーラー

こんばんは、gooです。


以前紹介しました97以降用オイルクーラーサンドイッチブロック

キット物でないので取り付けはワンオフに近いですが97ブロックにスッキリ・キレイに取り付け出来ます。


124_20140723170825569.jpg 

車両は紹介しておりますストミニで紹介された「MK-1を超えるミニ」

クーパーSと同じようにフロントパネルが加工されているのでオイルクーラーのスペースがあります。

97パネルのままだとACコンプレッサーの下とか、現車あわせになりますね~。

123_20140723170824b25.jpg 126_20140723170826d69.jpg

フッティングがブロックギリギリだったりオイルプレッシャー取り出しの移動や

キレイにつけるには見えないところも色々と微調整して取り付けしております。


オイルクーラー取り付けお任せください。

ではでは。


テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

TTR レリーズフォーク・スプリングアンカー 新商品

こんばんは、gooです。


まだ体が慣れていないので毎日とにかく暑い!

まだ夏本番じゃないのにこんなに暑いと考えただけでクラクラします。。。



さて、以前紹介しましたTTRレリーズアンカー、スプリング受けのカラーが出来上がったので発売開始しました。

カラーに溝を切ってスプリングがセンターに来るようになっております。

061_20140727172721b8c.jpg

MED 強化クラッチフォークレバー、純正フォーク両方に対応しております。

クレビスピン(品番CLZ518)は付属しておりませんので摩耗具合によっては同時交換お願いします。

※上記クレビスピンも付属になりました。Webショップはコチラ

価格は¥5,000(外税)です。

お問い合せは所沢店まで。

ウェブショップには近日ラインナップ致します。


ではでは。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

TTR 1000用 メインストラップ

こんばんは、gooです。


チューニングエンジンには欠かせないセンターメインストラップ

1000cc用を製作中

035_20140718180640518.jpg

1300ccのセンターキャップとは違い1000ccのキャップをフライス掛けるとスラストベアリングの回り止めまで

なくなってしまうのでストラップ側にキー(回り止め)加工を施しております。

キー加工をすることにより1300用と同様にガッチリと肉厚のストラップを取り付けることが出来ます。

027_2014071818063962f.jpg 029_20140718180640a85.jpg

今月中に発売予定です。


ではでは。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

TTR レリーズフォーク・スプリングアンカー

こんばんは、gooです。


旧タイプのクラッチフォークに付いているスプリングアンカー

083_20140715190454731.jpg

スプリングがアンカーと点接触しているために長く使っているとスプリングが折れてしまったりと

そこで強化版を製作中

072_20140715190457c58.jpg

コの字で抑えこむ形状でスプリングの力に耐え、スプリングを引っ掛ける部分を面接触になるよう

カラーを入れます。


075_2014071519045937c.jpg 086_20140715190455072.jpg 081_2014071519045643f.jpg

MED 強化クラッチフォークレバー、純正フォーク両方に対応

今月中に発売予定です。


ではでは。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

オートマ車用 フロントスタビ

こんばんは、gooです。


お客様ご要望でAT車用フロントスタビ製作いたしました。

025_20140712124335a36.jpg

仮組み途中の写真ですがストラットバー挟み込みタイプではなくピロリンク式です。

基本はTTRピロリンク・コンペティションスタビ(MT車用)と同じで

パイプの曲げ、クランプのマウントをAT車に合わせて製作しました。

パイプ径は22Φでピロリンク、スタビマウントはメタルブッシュを使いカッチリ効きます。


ストラットバー挟み込みの強化スタビも取り付けてダブルスタビが出来るようになっております。


近々ラインナップ(7月中)予定です。

ではでは。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

接触不良

こんにちは、gooです。

97年以降ミニのアースポイント

023_201407121243371e1.jpg

ラジエターの後ろにちょっと分かりにくいですが電装系のアースポイントが平端子接続で集約されております。

ココのカプラー内部平端子の接触不良が多くなってきたように感じますね~


電装系の不調(特にライト系)が出てる方は手がはいりにくくメンテしにくいですが

アース線追加とこの部分の接点磨きオススメします。


アース線増やしても集約アースポイントが接触不良だと効果でませんよ~。



ではでは。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

97以降用ブラックオルタネーター

こんばんは、gooです。

連日蒸し暑い日が続いておりますね~

体の方はちょっと慣れましたが梅雨明けしていないですしもっと暑くなると思うと・・・クラクラします。。。


さて、車の方も暑くなってくるとクーラーに電動ファン、そしてヒーター?と、

人と車でヒート対策が必要な時期です。

ヒーター、ファンのモーターは電気を多く使いますのでバッテリーと発電の元となるオルタネーターの

点検をお願いしますね。


そして夏に向けて先日発電の元97ブラックオルタネーターへ交換させていただきました。


008_2014070812262879b.jpg 012_201407081226305dc.jpg 013_20140708122631d84.jpg

最後はオルタカバー(プラスチックの巻き込み防止カバー)を付ける前の写真ですが問題なくボルトオンです。



023_20140708175327872.jpg

96年までのブラックオルタネーターはボルトオン、カプラーオンで取り付け出来ますが


020_20140708175329f4c.jpg

97以降用ブラックオルタネーターは本体ボルトオンは変わらずで配線を一箇所チャージランプの線を

作る必要があります。(接続に必要な端子は本体に付属しております)


026_20140708175330928.jpg 027_20140708175331353.jpg

そしてB端子はナット止め(ナットはオルタ付属は使わず車両ハーネス側組込みナットを使用した方が良好)

で問題ありませんがB端子のカバーは付属しておりません


端子剥き出しのままではショートの危険がありますので97以降用ブラックオルタネーターを取り付ける方は

ターミナルエンドブーツ(税別400円)の同時購入をオススメします。(ブログはコチラ



ではでは。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

ECV取り付け

こんばんは、gooです。

今日はちょっと雨、ジメジメですが涼しいです。


さて、以前にも取り付けしましたEVC、前回と同様で車両に合わせて作っていきます。

022_20140706182442c0d.jpg 024_20140706182443c89.jpg

下準備が済んだところですが汎用バルブのため一番小さいサイズ(パイプ汎用タイプ)が54Φ、

45Φの中間パイプに割り込ませたいので片側絞って、片側広げてとで変換パイプを作って組みます。


そしてビビっと溶接して完成

028_20140706182445a81.jpg

前後は差し込み式で地上高を稼ぐため一度上に上がってまた下がってと

そしてフロアに合わせて絶妙な曲になってます。

マフラー音の方はまだエンジン掛けてませんがバルブ全閉で明らかに音は静かになりますよ。


ワンオフになってしまいますが一時的に音量を下げたい方にオススメです。


ではでは。


テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

配線

こんばんは、gooです。


ストミニVOL12で紹介されております「MK-1を超えるミニ」

ストミニで紹介されたので少し製作過程の紹介


ボディドンガラから作らさせていただいたのでハーネス関係は一から引いて

長さも取り回しも大部分変更してスッキリ&不具合出ないよう作りました。

 150_20140518125309277.jpg 

基本ハーネスは97モデル、電気を多く使う部分はリレー入れて信号のみ。

メインリレー、サブリレー、ヘッドライト、フルコン用とか色々組んで万全です。


いつも通りメーター裏もキッチリと
016_20140606131753734.jpg

メーター裏の配線ゴチャゴチャはトラブルの元です、接続もカプラーでスッキリとです。


電気は目に見えないので不具合出ないようシッカリと作っております。

また紹介します。



そして電気関係ネタで

97以降のリレーモジュール内部のハンダ割れ

028_20140704183836529.jpg

基板のハンダ割れはよくあるトラブルですが

ちょっとした接触不良だと症状が出たり出なかったり・・・なのでトラブルシュートは難しい時ありますね~。


再度半田付けで直る?!

こういう場合は接触不良でリレーがチャタリング(接点焼け)起こしてるので交換が基本ですね~。


ではでは。



テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

AT車 エンジンチューニング

こんばんは、gooです。


ATエンジンチューニング完成エンジンルームはこのような感じへ

010_2014062818304976e.jpg 043_20140628183050ce1.jpg 045_201407011846134ef.jpg

スロットルも45Φビックスロットルへ交換と

アルミラジエター、シリコンホースへと交換しましたので

メリハリよく綺麗なエンジンルームになりました。


そして肝心な馬力はと言いますと

ATps.jpg ATtorque.jpg 

チューニング前後で最大で20馬力ほどパワーアップしました。

比較グラフで分かるように馬力、トルクがチューニング前と比べると別物になりましね~

狙い通り普段良く使う低・中回転から一気に馬力が出ております。


純正状態で60馬力ほど出ていますので+20馬力で80馬力出ている計算になります。

(オートマ車はシャシダイの測定後にニュートラルに落とせないので上記のような表現になります・・・)


セッティングは純正ECU範囲内で空燃比計、燃圧計を取り付けて

燃圧を調整してセッテイングしております。
(シャシダイセッティング時の写真撮り忘れました・・・)


今回のチューニングのように街乗り+α(純正ECU)のプランから

もっと高回転回してサーキット走る方向け(フルコン、ハイカム等)のプラン等

オートマ車でも気持ちよく走れるようチューニング出来ます。


お問い合せは所沢店まで。


ではでは。


テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

FC2Ad