FC2ブログ

英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング MECHANIC BLOG

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。タートルガレージでの出来事を発信します。

故障探求

こんばんは、gooです。

遅くなりましたが3月3日の
三和トレーディング様主催 SBoM第1戦参加してきました。

サポート専念で写真全く無しでして・・・
悪天候の中で第1戦TTR13号車が優勝しました!
スピン多発やフロントガラス曇りで前が見えない車両等々
中々アクシデントの多い日でした。。。

さて、その日フルコン・ターボは一本目のスポーツ走行枠で
エンジントラブルでストップ・・・

現地で動画見てデーターログもくまなく見ても
壊れる要素が無く「なんで??」しか思い浮かばず

早速故障探求

せっかくなのでエンジンルームを軽く紹介しながらと
IMG_5353_201903081520295e4.jpg
ターボなのでインタークーラーとオイルクーラー必需品
ラジエターは両サイドに付けて熱対策は万全。
真夏の走行でも水温90度で安定でサーモは82度入れてるので
82度から90度で一年中安定している感じです~

NAより補機類がギッチリですがサーキット車両ですので
カッコ良くとメンテナンス性を同じか
ややメンテナンス性寄りにレイアウトしています。

IMG_5355.jpg IMG_5356.jpg
オイルクーラーの片側ホースはサージタンクの前に長く存在していますが
ボルト2本を緩めるだけで簡単に外れてオイルラインを切らなくても
左側に寄せてプラグを外せるようにしてあったり

インタークーラー裏にアクセスするときも
IMG_5357.jpg IMG_5359.jpg
サクションホースのバンドを緩めてインタークーラー両脇のボルト2本外せば
クーラー下はラバー差し込みマウントされているだけなので上に引き上げれば
サッと取れると。(マットに包んでるのはオイルクーラーね)


IMG_5360.jpg
燃料ラインやエアーラインやハーネス等色々入り乱れているように見えますが(笑
メンテナンス性が良いので今までインタークーラー、オイルクーラー裏で
トラブル起きたこと無いですね~

ボルト類もステンのキャップボルト使えばカッコよく見えるんですが
簡単に脱着するにはやっぱり鉄の六角フランジ付きボルトが良いんですよね、
トルクも掛けやすいですし鉄であれば万が一エンジンルームに落ちたときでも
マグネットで拾えますからね~。


IMG_5362.jpg
あっという間に補機類外して
無理なくエンジン降ろしました~。


また紹介します~

ではでは。


テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

FC2Ad