FC2ブログ

英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング MECHANIC BLOG

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。タートルガレージでの出来事を発信します。

ボディカラー 選び !

こんにちは、今回のTRM企画でボディ廻りを担当する 所沢店長の S です。

 ブログの経験がないので、十分に内容がお伝えできるか少々不安はありますが、
楽しいミニライフの参考に少しでもなれるよう、頑張りたいと思います。


 今日の所沢はとにかく蒸し暑いです。30度は十分超えて、工場内もかなりの暑さ
水分補充しながらやってます。


*本題

 
 MK1スタイルこだわらず、ボディカラーを変えリフレッシュしようかな―と思われる
ミニオーナーの方も沢山いるのではと思います。 2000年でミニが生産終了し
早くも10年以上過、どんなお車でも錆びや塗装がボケたりクリアーが剥離したり、
愛着があるだけ気になります。

 そんな中、ボディカラー選びはとても悩みますが、自分の好みや個性を演出する
チャンスと思うと楽しいものです。 オールペンして生まれ変わった自分のミニを
想像してみてください。とてもドキドキ ワクワクちょっと熱くなってしまいそうです。

  MK1クーパーSの代表的なボディカラ―は、

   Surf Blue  BU 35
   Smoke Grey  BU 15
   Almond Green GN 37
   Tweed Grey  GR 4
   Tartan Red  RD 9
   Old English White WT3
   Fiesta Yellow YL 11
   Island Blue  BU 8

 ルーフカラ―は Old English White/ Dave Grey/Blackの3色が定番のツートンカラー
 でした。

P7050138.jpg

そのほかにも60年代には魅力的なソリッドカラ―が沢山あります。
横浜店人気色 No1のスピードウエルブルー / クリッパーブルー / ウイロ―グリーン
レーシンググリーン / マルーン / バーチグレイ。

P7050141.jpg



  私自身 好きなカラ―は、約20年ほど前のことですが、雑誌に掲載されていた1枚の
 クーパーSの写真。 その車は、草原の丘の上で朝靄が少しかかる中、淡いグレーの何とも
 言えない魅惑的色でした。今まで見たことがない、とても新鮮な色。

 
  それはスモークグレーのボディ色にルーフがオールドイングリッシュホワイト。現在 
 私が乗る #6号車のテストカーはこのスモークグレーのカラ―リングにしました。


TT.jpg



  皆さんも自分のお気に入りのカラーでオールペンすると、更にミニへの愛着も増し
 楽しくなると思います。

  皆さんもいかがですか!


  今回のフルコン TRM クーパーS バージョンは、悩んだ末 所沢店で人気色のBIRCH GREY GR3
 にしました。オリジナルのクーパーSの定番にはない色ですが、落ち着いた渋いこのカラ―は車を
 引き立たせるように思います。

  60年代イギリスでは自分の好きな色で新車を注文できたそうです。いい時代です。バーチグレイ
 の由来は、Mk-1ライレーエルフ、ウズレーで純正色だったもので、横浜店の970Sのお客様はオリジナル
 でこの色でした。カッコ イイ 感じです。


  ボディの仕上がりは、次回紹介させて頂きます。