FC2ブログ

英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング MECHANIC BLOG

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。タートルガレージでの出来事を発信します。

エンジン下ろし準備

こんにちは!
今回のTRM企画でブレーキ、サスペンションなどの足周りと
サブフレーム周りやエンジン下ろしなどを担当するHIRAGAIです。

メカニックブログに参加をするのは今回初めてですが
皆様に興味を持って頂けるような解りやすい内容にしていきたいと思います。
宜しくお願いいたします。

enj2.jpg

今回のコンプリートカーは
エンジンのチューニングを行いますので
まず車体よりエンジンを下ろす必要があります。
エンジンを下ろすためには補機類を外したり
マフラーを外したり、冷却水を抜いたり、オイルを抜いたり
外装類ではボンネット、グリルを外したりと
様々な準備が必要となります。

もちろん段取り良く作業を進めないといけないのですが
すべての作業の前にまず始めにすることは
「バッテリー端子を外し、電源をカットすること」です。

スターターにはバッテリーから直接プラスのコードが接続されており
スターターの端子から車体へプラスの配線が伸びております。
ココには常時電源が供給されているため不用意にショートさせると
大怪我や、火災の原因にもなります。

また、作業時だけではなく何かの拍子に車が動いたりした際
ショートしてしまうなんてことも十分考えられるからです。

皆さんも、お家の電球を交換する時は
まずコンセントや、スイッチを切りますよね?
基本中の基本ですが、怪我や事故を防ぐためには
とても重要な作業です。

bat2.jpg

ミニのトランクを開けると向かって右側にバッテリーが有ります。
電源をカットする際はバッテリーのマイナス端子を外せばOKです。
画像のようにバッテリー端子よりアースコードが延び、車体へ接続されております。
もちろんエンジンが完成し、車体が組みあがったときは
またバッテリー端子を接続するのですが
締め付けが確実で無かったり、アースコードがささくれていたり
はたまた、車体に接続している部分が腐食していたりすると
バッテリー上がりの原因になってしまいます!

a-s.jpg

私のお勧めのバッテリー端子のキットは
バッテリークイックコネクトターミナルキット アース線付」です!
名前の通りクイックに、且つ確実にバッテリーに接続できるだけではなく
付属のアースコードは純正に比べ大容量。
すばやく、確実に端子の接続が出来るので
整備の際だけではなく、長い間乗らないときや
バッテリー充電をする際など非常に便利です。

愛車のトランクを開け
バッテリー端子が古くなり腐食したり
グラグラになっている方や
アースコードが劣化している方!
簡単に交換できるので是非ご検討ください!

ちょっとパーツブログのようになってしまいましたが
これから作業を進めていく間、有意義な情報を発信できるよう頑張りますので
宜しくお願いいたします!

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク