FC2ブログ

英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング MECHANIC BLOG

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。タートルガレージでの出来事を発信します。

ビックスロットル

こんばんは、gooです。

私のミニ4号車、ツインスロットル化へ向けてハード面は見えてきたので
只今エンジンハーネスを外したりと電装系を進めてます。

ツインスロットル化もう少々お待ちください。


インジェクション・ライトチューンの続きで45Φビックスロットル取り付けポイントを
過去に紹介したのでコチラも見てみてくださいね。

スロットルはエクスチェンジになりますので元のリンク、モーター等バラします。
003_20131011124851c0f.jpg 005_2013101112485333b.jpg
ステッパーモーターもポジネジ3箇所は正常に動いていれば外さなくても良いです。
(偏心カム固定1個とモータを固定しているプレート固定2個です)

010_20131011125016525.jpg 011_20131011125017f40.jpg
スロットルポジション(ポテンシオメーター)一度も交換されていない方は
そろそろ交換時期に来ていますね~
今回はバラして点検、問題なければ清掃給油して組みます。

分かりにくいですが黒いパターン部分を見ると削りカスが付着しております。
この削りカスがスロットル電圧を不安定にさせる原因にもなってます。
他はシャフトのガタも不安定の原因の一つです。

バラして基板のパターンが切れていたら交換になりますね。

思い切って新品に交換するのが一番良いですね。

※スロポジは非分解パーツですので開ける際は自己責任ですよ~。


スロットルを交換後アイドリングが下がらない原因の一つに
023_2013101112512760f.jpg 006_201310111248544fa.jpg 007_20131011124855f7e.jpg 
ドライバーが示している部分に黒い樹脂バーツが入りますが収まりが悪い場合があります。
過去の記事にも書いていますが削り落としておきます。


020_20131011125019978.jpg
バタフライが大きくなった分アイドルでも空気が多く入るのでエアスクリューは全閉にしておきます。

025_20131011125128dbe.jpg
スロポジを開けているのでシーリングして当社では専用のプレートで固定。

これは大きいワッシャーでも代用できます。


そして取り付け後エンジンのハンチングが出る場合は
022_20131011191017012.jpg

ステッパーモーターのアジャストスクリューで調整します。
基本的に大きく動かすことはありませんがアイドリングが安定する所まで微調整します。

ビックスロットルとハイリフトロッカーを入れた場合アジャストスクリューでも
調整しきれない場合もあります。

これはアイドルポジションがオン・オフを繰り返している場合がありますので
診断機繋いでコンピュータの目標値を確認しながら調整するのがベストですね~。
ですので当社か専門店での調整をオススメしますよ。


インジェクション・ライトチューン続きます。


ではでは。



テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク