FC2ブログ

英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング MECHANIC BLOG

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。タートルガレージでの出来事を発信します。

燃圧セッティング

こんばんは、gooです。


サーキット走行、街乗りでもグイグイっと走るインジェクション車の

ライトチューニングと言えばビックスロットル、ハイリフト、エアクリーナーの定番パワーアップ3点セット

IMG_0815.jpg IMG_0816.jpg


更に本領発揮させるためにこのような物作りました。

IMG_0818.jpg

プレッシャーレギュレーターにTTRブラケット

本体はエンジンルームにボルトオンで付くようになってます。


レギュレーターで燃圧を上げてパワー空燃比へセットすると言うものですね。

IMG_0820.jpg IMG_0821.jpg

ライブモニターと空燃比計と燃圧計を付けて、シャシダイ回しながら一番パワーの出る空燃比(燃圧)へセットします~


レギュレーター本体はこちらにセット

IMG_0823.jpg

ギッシリなエンジンルームにレギュレーターを付けるスペースはココくらいしかありませんでしたね。

燃料リターンラインに割り込みますが純正ホースはカットせずに取り付けて(元に戻せるように)

レギュレーターから新規で一本インジェクター方向へホース引き、

インマニからバキュームホースをレギュレーターに繋ぎます。



レギュレーターの作動ですが純正レギュレータースプリングはそのままで(状態によっては圧下げたり)

アクセルを踏んだ時に例えば純正燃圧(約1.0キロ)にレギュレーター分プラス0.3キロ圧を上げて

合計1.3キロと言うように燃圧を上げてパワー空燃比へセットする目的ですね。


そして重要なのがアイドリング域のフィードバック、

ハイリフト入れて負圧が少なくなるのとイニシャルの圧でパワー空燃比に持っていった場合

エンジンの状態によってはアイドル域でフィードバックから外れてしまう時があるんですよね

(燃料が濃すぎてフィードバックの範囲外に出てしまうとエンジン不調な状態になります)


今回取り付けた追加レギュレーターはスロットル閉じているときは作動しないので純正燃圧になり

フィードバックから外れないようになる、 と言うことです。


分かりにくいですね・・・説明がヘタでスミマセン(笑


次にシャシダイのパワーアップ比較出します~



ではでは。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク