FC2ブログ

英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング MECHANIC BLOG

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。タートルガレージでの出来事を発信します。

シャシダイ結果

こんばんは、gooです。


今日は朝から雪が降りましたね~、お昼すぎに止んだので道路に影響ないかな?

さて、前回ブログ純正レギュレーター+追加レギュレーターの

ダブルレギュレーターでパワーアップ結果を

まずは入庫時イニシャル

STD_20150128124337f5a.jpg

スポーツマフラーとエアクリーナーが変更されていたので63馬力と良い状態です。

完全な純正状態が60馬力出るな出ないか位なのでマフラー+エアクリで3~4馬力アップした状態ですね。


そして、ビックスロットルとハイリフトを組んで、追加レギュレーターで燃圧を上昇させた結果が

HiBiArPup.jpg Hikaku_20150128124336386.jpg

イニシャル馬力から12馬力アップの75馬力でました。

右の比較のグラフを見ていただければ分かりますが回転上昇すると共に全域で馬力がアップしました。

3速から4速シフトアップ時に空燃比がグーンと濃くなってしまうんですが

これは純正コンピュータの加速燃料増量と追加レギュレーターの圧アップで濃くなってしまうんですよね
(もちろんセッティングはグズつかない(プラグがカブらない)範囲でベストなセットしております)

追加レギュレーターは機械的に燃料を濃くしているのですべての領域でベストのセッティングは

ちょっと難しいところですね~

それと純正ループコントロールはハーフスロットルよりちょっと踏んだくらいでも切れない(燃料が薄い)ので

本当はハーフでも濃くできればトルクも出てアクセルのツキも良くなるんですがね。


ハイリフト、ビックスロットルと組んで、「もう一つ」と言う場合に追加レギュレーターは

純正コンピュータのフィードバック範囲内で燃調を合わせるには非常に有効なパーツですよ。


パーシャル、ハーフからフルスロットルまでベストの燃調を取るにはTTRフルコンになります~
(過去に純正コンピュータからフルコン変更ブログはコチラ



ハイリフト、ビックスロットルと組込みさせていただいた車両の3~4台中の1台位にフロアマットが厚くて

アクセルが全開になっていない車が良くあります。

特に97以降のフロアカーペットは厚くてフロア一体形状で

アクセルが全開になり難いですので注意が必要です。


コンピュータに全開のスロットル信号も入らないのでフィードバックが切れず燃料が薄い状態のままで

アクセル踏んでるのに力が出ないな~ってことになります。


フロアマットをカットしたりカーペットを外す、アクセルペダルを曲げるとか

方法はありますがオススメはTTRアクセルペダルですね~

レバー比20%クイックになりますのでフロアマットそのままでスロットル全開まで動かせます。


ではでは。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク